資格にまつわる2つのデメリット

公開日: : 最終更新日:2014/04/04 資格のメリットとデメリット

ここでは資格のデメリットについて取り上げてみます。
資格取得自体にデメリットは無いと思いますが、やはり資格試験合格までの道のりには少なからず手放さなければならないこともあるのは事実です。

資格にまつわるデメリット

資格を取るまでにはどんなデメリットがあるの?リストで2つ挙げてみました。

1.当然のことながら、勉強する時間をとられます

これは言うまでも無いでしょう。やはり資格を取るためには多少なりとも勉強時間を割かなくてはなりません。

しかも司法試験や公認会計士等の高難易度の資格ですと、1日の平均勉強時間が4〜5時間している人が多いです。
「それだけの時間をかけてでも自分はこの資格を取りたいのか?」はよく考える必要があります。

2.お金がかかります

資格取得のためにはお金も必要です。
難易度の低い試験でも、書籍代及び受験料合わせて最低でも1万円はかかると見ておいたほうがいいでしょう。
何事もお金はかかるものです。

受験料が安い資格ランキング

参考までに、受験料が安い資格ランキング5位までをご紹介します。

1位 日商簿記3級

2,500円(平成25年度)

2位 秘書検定3級

2,500円(平成25年6月)

3位 測量士補

2,850円(平成22年度)

4位 通関士

3,000円(平成25年度)

5位 FP3級技能検定(学科/実技)

各3,000円(平成25年5月)

最初はこのあたりのあまりお金がかからない資格で経験を積むのもありかな?と思います。

資格のデメリットまとめ

資格のデメリットを挙げるとするならば、やはり時間とお金の2つでしょう。

「そもそも試験に失敗したら今までにやってきたことが水の泡になる。」
「それに失敗したらそれまでにかかったお金と時間が無駄になる。」
はい、仰るとおりかもしれません。

しかし、たとえ試験に落ちたとしても今までに勉強したことは無駄にはなりません。
少なくとも話のネタにはなりますし、資格試験の合格を目指して頑張った時に得た知識は大なり小なり役に立つ(はず)です。

管理人がお伝えしたいことは「そんなに気張りなさんな」ということです。英語で言うと「Take it easy!」デスネ。

自分が取り組んできたこと、一生懸命やったことというものは、結構人生で無駄にはならないものです。
この先の人生で、「あのとき頑張った経験があるから」というのはよく聞く話ですよね?

それでは、まずは上記の2つのデメリットを理解した上で、どの資格を受けるのか決めましょう。
何事も「Let’s Try!」です!

関連記事

資格にまつわる5つのメリット

ここでは資格のメリットについて取り上げてみます。 人によっては他にも「こんなメリットがある!」とお

記事を読む

面白い資格その3

面白い資格~その3~ 面白い資格その1、その2に引き続き、パート3も

面白い資格その2

面白い資格〜その2~ その1に引き続き、パート2もご用意しました。

面白い資格その1

管理人が「これ変わっているな!」、「面白い資格だな!」と思った資格を取

資格にまつわる2つのデメリット

ここでは資格のデメリットについて取り上げてみます。 資格取得自体にデ

資格にまつわる5つのメリット

ここでは資格のメリットについて取り上げてみます。 人によっては他にも

→もっと見る

PAGE TOP ↑